SatelliteMG Logo
2010 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2006 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2005 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2004 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2003 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2002 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2001 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2000 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
Total3731988 7days2259 Yesterday0364 Today0306
since 2000/02/14
Open Space !!
Open Space !!
Open Space !!


«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»
icon 2004.12.18 冬の花火
DSC-F828
1/1.3 F2.0

立川の昭和記念公園で行われているイルミネーション。
毎週土曜と 24 日には花火が上がるので写真を撮りに行ってきました。

花火は難しいですね。
タイミング勝負というか、DSC-F828 は連写ができないので
カメラを換えたくなります。
23:05


icon 2004.09.10 メモリースティック PRO
どんどん色が変わってきているんですけど。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200409/09-0910/

今までは色分け(青・白)で機能の違いを区別していたのに、
もうどうでもいいや的なカラーリングになってきました。
プレスリリースを見てもこれまでのメモリースティック PRO と
今回発表されたメモリースティック PRO との違いが
はっきり読み取れないのは私が悪いんでしょうか。
16:52


icon 2004.08.27 LUMIX
CYBERSHOT
1/50 F5.0

ご購入~。

電源投入から撮影ができるようになるまでの時間と
電池の持ちが微妙に気になるけど。
21:41


icon 2004.08.03 CLIE PEG-N700C をメモリースティックリーダとして使う方法
PEG-N700C は OpenMG Jukebox から直接チェックアウト、チェックインができるようになっています。そのため CLIE 側でチェックアウト、チェックイン画面を表示させておくと Windows 側からはメモリースティックリーダとして認識されます。

 方法
 1.PEG-N700C をクレードルに載せる
 2.AudioPlayer を起動する
 3.左下の「メニュー」をタップし、「オプション」の「チェックイン/アウト」を選択する (もしくはグラフィティエリアに/Cと入力する)
 4.Audio Player を起動する

 これで Windows 側からはメモリースティックリーダとして認識されます。ただし、OpenMG Jukebox の CLIE 用プラグインを導入しておいてください。ドライバを先に組み込んでおかないと認識できません。
12:51


icon 2004.01.25 4GB MicroDrive


部品取りしました。

背面の4本の銀色のネジを外し、ケースを開けたら1枚目の基盤を持ち上げ、
さらに4本のネジ(銀色と黒色)を外します。
これで 4GB MicroDrive への道が開けます。
本体にはちゃんと「hard drive by HITACHI」と書かれてますね。



DSC-F828 は FAT32 の対応が行われているので、
そのままデジカメに挿入し電源を入れます。
するとフォーマットエラーが表示されるので
デジカメ本体側で初期化します。
EOS-1Ds では初期化すると 2GB でパーティションを
切ってしまう場合があるようですが、
F828 では 4GB のパーティションを切ってくれるので
全容量使えるようになります。
21:06


«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»










NucleusCMS BBClone NP_Moblog php editor SatelliteMG
[0.41sec.] Nucleus CMS v3.41